大腸がんは転移する│かかる前にバリアを作ろう

大腸がんの特徴

医者

がんには様々な種類がありますが、その中でも大腸がんは有名です。このがんがどのような病気なのか、また転移することはあるかなど基本的なことや特徴を説明するので、チェックしておきましょう。

Read More

再発に対処

医者

大腸がんは一度手術によって取り除けたとしても、転移して再発することもあります。そのためなるべく早い段階で再発に気付くことができると良いのですが、その検査について調べましょう。

Read More

症状の変化

医者

大腸がんが転移することによって、今までの症状とは異なるものが出てくる場合もあります。しかし、その場合も大腸がんがどんな特徴を持っているのか分かれば対処できるようになります。

Read More

予防と治療

医者

大腸がんにかかってしまうと治療して治ったと思っても後日転移しているということがあります。
このように大腸がんは再発して転移することが多い病気なのですが、アスピリンと呼ばれる解熱鎮痛薬が大腸がんを未然に防ぐことができるとして利用されることが多くなりました。
この発表は厚生労働省によるものなので、信頼性が高いのです。また大腸がんになるのは日本人だけではなく外国人も同じです。
そもそも日本人はあまり大腸がんにならない生活を送っていたのですが、食文化の変化によって大腸がんになりやすくなってしまったのです。アスピリンはどの人種であっても大腸がんの予防に効果的だということがわかっているのです。昔から胃がんになる人が多い日本ですが、最近では大腸がんにかかる人が急増しており、そのうち大腸がんのほうが胃がんにかかっている人よりも多くなると言われているのです。
アスピリンは解熱鎮痛薬として有名ですが、抗血小板薬としても利用されている日本人に馴染みが深い薬なのです。そんなアスピリンは心筋梗塞や脳梗塞になった人が摂取することもあります。
その理由はアスピリンが再発に役立つと言われているからなのです。
また、アスピリンといっても様々な種類があり、ドラッグストアやスーパーで販売されているものと病院で販売されているアスピリンでは成分が全く違うということも覚えておきましょう。
現在では、大腸がんを予防することにアスピリンを利用すべきだという医師の処方はありませんが、今後は問題点を解決することで、アスピリンを多くの人が利用できるようになります。