大腸がんは転移する│かかる前にバリアを作ろう

再発に対処

医者

大腸がんの転移をなるべく早く確認するためには、定期的に検査を受けることが大切なのです。
しっかり大腸がんを取り除くことができたとしてもほとんどの人が手術から数年居ないに転移していることがわかります。このような大腸がんが発見されたとしてもすぐに対処できれば問題ないので、しっかり検査を受けるようにしましょう。
また検査を受けるときには、ステージや大腸がんができた場所によって頻度が異なるということもポイントです。それでもなるべく早く発見できれば対処もらくになるので、安心できます。
また手術によっては異なる治療が必要になる場合もあります。このように定期的に治療を受けることこそが重要なのです。
大腸がんの中でも直腸に腫瘍ができてしまった場合には、手術が終わってから半年に1一度は検診を受ける必要があります。またそれから三年経過して何も異常がなければ、次の検診は受けなくても良いのです。
しかし、血液検査は三ヶ月に一度は受けるようにし、その後三年目以降は半年に1度血液検査をするようにしましょう。
検査には様々な種類がありますが、ステージについても確認しておくことがたくさんあります。一般的にステージのレベルが高ければ、高いほど、転移して再発する可能性が高いので、手術の後に特別な対処を実施されることもあります。具体的にどのような対処なのかというと、抗がん剤を投与することです。
この方法を実施することによって、大腸がんの転移を防ぎ、完全に取り除くことができるのです。
一般的にがん細胞は体内のあちこちにありますが、全て目で見えるものではありません。
そこで、大腸がんを手術してもこれらのがん細胞は目で確認することができないので、カラダには残ったままになっています。それを消す役割が抗がん剤にはあります。