大腸がんは転移する│かかる前にバリアを作ろう

症状の変化

医者

大腸がんは転移することが多いがんの1種なので、手術後も自分のカラダの変化について敏感にチェックしてみましょう。また大腸がんになった人はほとんど自分では気付かないことが多いのです。
そのため大きな病院で身体検査を行なうことによって、初めて気付くという人が多いのです。
また大腸がんが大きくなってから見付かると、その腫瘍はカタチだけでなく症状も異なります。
大腸がんを大きくなることによって、腹痛や違和感を感じるようになります。これは少しずつ大きくなっている場合であり、再発することで、どんな感じなのかはっきりと判断できるようになります。また大腸がんが転移してからかなり大きく育ってしまうと腹部に触れてしこりがあると判断できるようになることや、貧血の検査で確認されるようになるのです。
また大腸がんができることによって、残尿感を感じることや、頭痛がすること、便秘になりがち、血便が出るなどの症状が現れます。このような状態になってしまうと腸閉塞になることもあります。
また転移によって大腸がんは様々な場所にいきます。同じ大腸周辺にできることが一般的ですが、肛門付近にできてしまうと医者が痔なのではないかと思うこともあるのです。そうなってしまうと対処が遅れてしまうことになるので、注意しなくてはいけません。
また女性の場合は大腸がんが子宮付近に転移していると排尿が困難になることや、便が膣から出てきてしまうようなトラブルに巻き込まれてしまう可能性があります。
そうなる前にもなるべく定期的に大腸がんが転移していないかどうかを検査で調べてもらうようにしましょう。