大腸がんは転移する│かかる前にバリアを作ろう

大腸がんの特徴

医者

大腸がんを知るためには、まず大腸がどのような器官なのかを理解する必要があります。では大腸がどのような役割をする場所なのかというと食べ物を消化する場所の1つであるということを理解しておきましょう。
基本的には、食べ物を食べたときには、腸で吸収されるということは多くの人が理解しています。その腸の1つである大腸は腸の中でも食べ物を最後に処理する場所となっているのです。体内では腸がぐるぐる巻になっており、真っ直ぐ伸ばしてみると約20メートルになります。また、大腸はより詳しく分類することができ、盲腸、結腸、直腸があります。そのどこかに腫瘍ができることを大腸がんと呼ぶわけです。
腫瘍にもいくつかありますが、悪性のものが大腸にできることだけを大腸がんと言います。
大腸がんができてしまう原因は人によってそれぞれ異なりますが、昔はそこまで多い病気ではありませんでした。それが現代になってから増えているのは、食事の欧米化が原因だったのです。なぜ欧米化した食事が大腸がんになりやすいのかというと脂肪やタンパク質を多く摂取するようになったからなのです。また大腸がんは遺伝の影響も受けるということがわかっています。
また大腸がんは転移してしまうとこや再発してしまうことがあります。
そのためしっかり治療によって取り除けたと判断できても気を抜いてはいけないのです。
また再発や転移が多いのは、元々腫瘍があった場所の周辺です。その近くにどんな臓器があるのかしっかり確認しておきましょう。
また大腸がんが転移しやすいと言われているのは、腫瘍があった場所周辺だけではなく、肝臓や肺など離れた場所に転移することもあります。